Dr.原のマウスピース矯正体験記

世田谷代田デンタルクリニック原先生のインビザライン(マウスピース矯正)日記です。実際に体験した感想などをみなさまにありのままお伝えいたします。

アタッチメントについて

皆さんこんにちは☺

もう2月も半ばですね。

ついこの前までお正月だった気がするくらいあっという間です。

春が来るのが楽しみですね!

 

 

さて、マウスピース矯正にはアタッチメントをつけることがあると以前話しました。

f:id:drhara:20190214161506j:plain

↑これです↑

 

実はこのアタッチメント、時に外れることがあります

僕も数回外れました。

 

というのも、歯に直接樹脂をくっつけている構造になっているので付け外しをする時にどうしても剥がれることがあるのです。

 

もしそのような時は、治療途中でも再度付け直しが可能なので焦らなくても大丈夫です!

痛みも何も無く終えました🌟

 

 

 

調べものをしていたら、少しヒヤッとするものを見つけてしまいました。

こちらです。

f:id:drhara:20190214162935j:plain

どういった状態かおわかりでしょうか。

 

この写真の方はマウスピース矯正をされている方です。

実はアライナーを装着した状態でジュースなどの甘いものを摂取していたため、虫歯になってしまったそうなのです、、、

 

アライナーを装着している状態で糖質を摂取すると常に歯の表面に糖質が停滞し、虫歯になるリスクを高めます。

なので装着時は必ず糖質の入っていないもの(できれば水のみ)しか飲めません💦

 

キレイな歯並びにするためにはこういった習慣の改善も必要になります。

 

改めて気が引き締まりますね!

 

アライナーを装着して気づいたこと

皆さんこんにちは!

先日アメリカのミネソタ州では気温マイナス41℃を記録したそうです⛄

さ、寒すぎますね。。

日本でも十分寒いと感じていたのでびっくりです。笑

 

 

さて、今回は実際にアライナーを装着して個人的に気になったこと、気づいたことをお話したいと思います。

 

 

①取り外し、装着について

今僕のアライナーは1週間に1回のペースで交換しています。

現在3枚目です。(全部で16枚の予定)

新しいアライナーに交換したその日は、付け外しの時に少し歯に力がかかる感じがします。痛みはほとんどないです。

装着時はアライナーを入れた後にチューイーというゴム状の筒を噛みます。

これはアライナーをしっかりフィットさせるためです。

f:id:drhara:20190206153052j:plain

これがチューイーです。

これを噛むとしっかりアライナーが入り込む感覚があります。

 

外すときはアライナーのふちに爪を掛けて外します。

深爪の方や長めのネイルをされている方は少し大変かもしれません。

ただこれも数日で慣れていきます。

初めは鏡を見ないと取り外しができなかったのですが、今は鏡を見なくても簡単に取り外しができるようになりました。

 

 

②アライナーのケアについて

1日の中で長時間装着するアライナーはケアが大切です。

僕は歯磨きをしている間にマウスピース洗浄剤で漬け置きをしています。

ちなみにこれを使っています。

f:id:drhara:20190206160136j:plain

当院で販売もしています☺【¥590(税込)】

歯磨きを終えたら、洗浄済みのアライナーを水でしっかりすすいでから装着します。

アライナーは変形防止のため熱いお湯(60℃以上)で洗うことはできません!

これを毎日行うので少し手間ですが、清潔にしておかないと口臭や虫歯の原因になったりもするので非常に大切です。

 

 

③間食について

僕はこれが結構つらかったです( ;∀;)笑

アライナーをつけている時はお水しか飲めません。

f:id:drhara:20190206175949j:plain

食後は歯磨きをし、フロスを通してからアライナーをつけます。

なので間食が増えれば歯磨きの回数も増えます。

これが結構手間なので間食もしなくなりました!

ダイエットには最適かもしれません。笑

ただ、コーヒーや紅茶を飲まなくなったので歯の白さをキープしている気がします。

これは嬉しかったです。
 

 

現時点で僕が気になったことは以上です。

また他にも出てくれば随時こちらで紹介させていただきます!

 

 

アライナー装着 1ステージ目

皆さんこんにちは!

本当に寒い日が続きますね。

インフルエンザの感染が警報レベルになっているそうなのでお気を付けください💦

 

さて、とうとう1ステージ目のアライナーを装着しました!

 

入れた感想は、、、

 

あれ?思ったより痛くない。でした!

 

確かに歯に力がかかっている感じはあり、締め付けられる感覚はあります。

ただその感覚も2~3日で慣れました。

以前にワイヤーで固定する矯正治療を経験していたので、その時と比べるとはるかに楽に感じます。

ワイヤーの装置よりも歯にかかる力はマイルドなため無理なく続けられそうです。

 

しかも装着時は一回も周りに気づかれませんでした。

ちなみに装着時はこんな感じです。

f:id:drhara:20190202153928j:plain

アタッチメントがついている犬歯あたりが少し膨らんでいる程度でしょうか。

これなら接客業をされている方でも治療ができそうですね🌟

 

装着時の会話はややタ行とナ行が違和感ありましたが、これも数日で慣れました。

アライナーは1日20時間以上の装着を推奨しているので、歯磨きをする時と食事の時は外し、それ以外は常に装着をします。もちろん寝る時もです。

歯磨きをしている間にマウスピース用洗浄剤を用いてアライナーも洗浄をします。

細かいケアの仕方はまた次回お伝えします!

 

あとは歯がどのように動いていくのかが楽しみです!

前処置について

皆さんこんにちは!

本格的に寒くなってきましたね、、、

関東平野部では雪の予報も出ているみたいなので皆さんお気を付けください⛄

 

 

さて、今回は前回お伝えしたマウスピース矯正前に必要な前処置についてお話ししたいと思います。

 

・アタッチメント(歯につける白い樹脂の突起)

f:id:drhara:20190127155353j:plain

アタッチメントは歯の表面に同色の樹脂を張り付ける処置です。

これにより歯にかかる力を細かく調整することができるため、効果的に歯を動かしていくことができます。

僕も実際に付けましたが、マウスピースをつけている時はそれほど違和感はありません。

アタッチメント周囲に汚れが付着しないように、装着後はブラッシングを丁寧に行う必要があります。

治療終了後にはすべて丁寧に除去します。

 

 

・IPR(歯と歯の隙間を広くする処置)

f:id:drhara:20190127155406j:plain

IPRとはInter Proximal Enamel Reductionの略で、歯の構造の一番表面のエナメル質を磨いて歯の並ぶスペースを作る処置です。

この磨く隙間の量は個人差がありますが、歯が並ぶスペースが無い場合は矯正で歯を動かす場合に僅かな隙間をつくる必要があり、この処置が必要となります。

僕も実際にやりましたが、処置中は若干歯に振動が加わるだけで痛みは全くありませんでした。

箇所に応じて必要最低限の隙間を作り、治療後は適切な元の隙間に戻ります。

 

 

主にこのような処置が必要となります。

ご参考までに!

ついにインビザライン到着!

皆さんあけましておめでとうございます🎍

昨年も多くの患者様にご来院いただきました。

今年もスタッフ一同さらに頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

さて、ついに!!

 

インビザラインが届きました!!

f:id:drhara:20190116173204j:plain

とってもオシャレです!!😲

最近ケースのカラーモデルが変わったみたいで、

こんな高級感のあるカラーになっていました!!

かっこいい。。

 

 

インビザラインクリンチェックという専用のソフトを使って診断をします。

その際におおよその治療にかかる期間がわかります。

装置(アライナー)をつける前に必要な前処置もここでわかります。

 

ここでの前処置とは、

アタッチメント(歯につける白い樹脂の突起)

IPR(歯と歯の隙間を広くする処置)

が主にあり、これらは症例に合わせて行う箇所や回数が変わってきます。

これらの処置を行うことによって、より歯を正しい位置に動かすことが可能になります。

 

 

前処置の詳細は次回お伝えします!

少しでもご参考になればと思います。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

世田谷代田デンタルクリニック マウスピース矯正導入!

はじめまして!世田谷代田デンタルクリニックの勤務医の原です。


僕は以前マルチブラケット法というワイヤーで連結して歯を動かす矯正治療を行いましたが、治療後の後戻りにより今では歯並びがまたガタついてしまいました、、

 

そこで今回、当院で導入されたマウスピース矯正(インビザラインでの再治療を決断しました!

 

インビザラインシステムとは

f:id:drhara:20181208170224p:plain

透明に近く目立ちにくいマウスピース型の矯正装置です。

アライナーと呼ばれるこの装置を使って、ゆるやかでありながら効果的に歯を適切な位置に移動し、歯並びを整えます。

 

 特徴としては、

・目立ちにくい
マウスピースは透明に近く目立ちにくいため、装着していることがわかりづらく、見た目のストレスを感じません。

・取り外しができて衛生的
食事や歯磨きの時はマウスピースを取り外すことができるため、普段通りに歯のお手入れができ、口腔内を衛生的で健康な状態に保つことができます。

・口腔内トラブルが少ない
マウスピースは金属を使用しないため口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

 

などが挙げられます。

 

今後リアルタイムでインビザラインの治療の経過や、治療中に気づいた点などをこちらのブログで発信しようと思います。
歯並びでお悩みのある方やマウスピース矯正に興味のある方に少しでも参考になればと思いますので、是非チェックしてみてください!